引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

お金の管理のために領収書をもらう

買い物をしたとき、ビジネス上は領収書をもらう必要があります。そうしないと経費で落とすことが出来ません。領収書以外に証明になるのがレシートです。スーパーやコンビニ、ちょっとした商店でも出してくれることがあります。レシートは正式な経理上の証明にはなりませんが現実としては認められています。会社員なら必ず取るようにしているかもしれません。

お金を管理しようとするとき領収書、レシートをきちんともらうようにします。コンビニなどでは不要なレシートを入れるためのケースが用意されていることがあります。必要ない人にとってはゴミでしょうし後で捨てるならとそこで捨ててしまうことがあります。レシートを持っておくと後でチェックをするのに役立ちます。何に使ったかが明確になります。

領収書などをもらうようにして財布などに入れているとそのうちいっぱいになります。1日、1週間などの単位で整理するようにします。そうするとこの日はこれにいくら使った、この日は無駄な買い物をしたなどがわかります。最近はスマホのアプリで領収書の情報を読み取って管理するものがあります。それだけで小遣帳に出来る場合があります。意識してお金を使うようになれば無駄も減らせます。

Copyright (C)2017引き寄せの法則を使ってお金に好かれる.All rights reserved.