引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

お金を使う配分を決めてやりくりをする

歩合給で給料をもらっている人を除くとある程度は決まった給料のもらい方をしているでしょう。ボーナスがあったり昇給があったりすれば変動することがありますがそれがなければ安定することが多いです。このときにどのようなお金の使い方をするかがあります。通常は使いたいときに使うと考えるかもしれません。毎日の食事があり、水道光熱費などの支払いで使っていきます。

このときにある程度割合を決めるようにします。給料の金額を100パーセントとしてそのうち10パーセントを何、10パーセントを何などです。細かくしすぎる必要はありません。水道光熱費、通信費などは固定費としてまとめてしまってもいいでしょう。食費は割合が大きくなるので別途枠を設けて一定範囲内に収めるようにします。出来れば貯蓄も行ないます。

決めるときには過去の実績などを見てみます。平均的にどれくらい使っているかがわかるはずです。後はそれで実行をしていきます。浮いた分は貯蓄に回すようにします。このときにあまり厳しくしすぎると生活が質素になってしまいますから自分のために使う分も何パーセントか用意しておきます。無理に使う必要はありませんが、余裕を持ちながら使うことができ、貯めることも出来ます。
Copyright (C)2017引き寄せの法則を使ってお金に好かれる.All rights reserved.