引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

定期預金だとお金が減っていくことを知っておく

日本は長らくデフレが続いていたとされています。デフレとは物価が下落する現象です。これまで百円で買えていたものがそれ以下になることです。デフレが進むと通貨の価値は上がりますからたんすに置いているだけでもどんどん価値が上がっていきます。たんす預金とは死後のような言葉ですが、デフレの時にはそれなりに当たっていたといわれています。

一方でインフレはその逆です。物価が上昇し通貨の価値が下落します。そうするとたんすに置いているだけだとどんどん価値が下がります。全く同じお金なのに、インフレ前に買えていたものが買えなくなることがあります。本来なら物価の動きは給料であったり銀行の金利に影響を与えるので普通に生活をしていれば価値を減らすことはありませんでした。

しかし日本はたくさんの国債を保有しています。これは国の借金です。金利を上げると国債の金利も上がるので負担が大きくなるとされます。インフレがあったとしても適切に金利が上げられない状態になります。定期預金に預けたとしても低い金利のままなのでどんどん価値が下がる可能性があります。元本保証がされているので金額そのものは減っていませんが、価値は減っている可能性があります。それも踏まえた運用が必要です。

Copyright (C)2017引き寄せの法則を使ってお金に好かれる.All rights reserved.