引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

引き寄せの法則を使ってお金に好かれる

お金は時間による分散をする必要がある

株価が十万円程度の株式があるとき、百万円持っているときには一度に10株買う方法があります。もしそれが20万円になれば200万になります。しかし5万円に下落したとしたら一気に半分の50万になってしまいます。株式投資はどちらにもなることがあるためにリスクがある投資として知られています。では少しでもリスクを減らすにはどうすればいいかです。

株価はどのように動くかは予測できません。それが出来れば誰でも億万長者になれるでしょう。予測が出来ないのを前提にすると時間による分散をして投資をする方法があります。1度に買ってしまうのではなく毎月10株ずつ買うなどです。上がるときには2倍のようにはなりませんがそれでもそれなりに資産は上昇します。下がるときも一気に半分になることはなく、場合によっては投資買い入れを中断することも出来ます。

このお金の投資法はドルコスト平均法と言われています。株式よりも投資信託で行なう人が多いようです。投資信託は1箇月1万円ずつぐらいで購入が出来ます。株式だと最低購入金額が決まっているので1回に投資する金額が大きくなってしまいます。株式で行なう方法としてミニ株を利用する方法があります。証券会社によって行なえるところがあります。

Copyright (C)2017引き寄せの法則を使ってお金に好かれる.All rights reserved.